CONTENTS
「開業医」
に関連するツイート
Twitter

開業医の奥様が 良い人だと良いよね。

「みたてが良い医師」という言葉があるように開業医には「みたて」の上手な医師が多いのです。この開業医の「みたて」こそ大病院の精密器械に匹敵する武器なのです。

TwitterDr.吉澤@吉沢クリニック@dryoshizawa

返信 リツイート 3:55

開業医は そこの奥様の 影響が強い。 現場に居ないのに 何でも口出してくる。 こんな奥様の場合は 大抵、何でも報告して 下さいと言ってくる。

米国でも弁護士平均はすでに負けてますが医者はまだましかも。まぁ負けてる開業医もいるかも。 twitter.com/3n4rs/status/1…

Twitterマルクス爺は旅藝人規制を憂ふ@MarkWatermanPhD

返信 リツイート1 2:21

返信先:@DeadKorean777 静岡の小学校で緑茶でうがいをするという報道を見たことと、池袋の開業医がテレビ番組で、診察の合間に緑茶を一口、一人診察終わったらまた一口と飲むのでインフルエンザには罹ったことがないと言ってました。 うがいできない場合は飲む。 最近の緑茶飲料は美味しいし持ち歩きできるの所も良いですね。

捕まり、防犯カメラで確認。その間に警察到着。そのまま連行。取調室で老人は聴取。老人の息子到着。私達に「多分、孫をあやすつもりだったのでは?」と言った。じゃあ孫にも胸を触ったりしてるのを息子は黙認してるのか!と取調室の壁を殴った。後から聞いたら息子は開業医。トンでもねぇ!(-""-;)

聖マリアンナ医大を出た眼科医のオッサン開業医は、俺の事を緑内障だと診断して定期的に病院に来るように仕向けたが、別の病院で、愛媛大学医学部出の女医さんは白内障があるから誤診したと思うとおっしゃって早急に手術を勧めてくれた。手術の結果、やっぱり緑内障はなかった。これが全て。

今晩の医師会の呑み会で勉強になったこと 某開業医先生、高血圧でアーチストを 10㎎の0.5錠と処方 調剤薬局が2.5㎎を2錠を渡す。心不全の病名がないと請求棄却された。10㎎ 0.5㎎を処方したが、 薬局が独断で2.5㎎ 2錠に変更したと再審請求 認められ調剤薬局は菓子折りを持ってきた

RT @6d745: (´-`).。oO(聖マリアンナ医科大の受験差別の件で「自分の夢が生まれた性のせいで諦めなきゃ駄目ならもう赤ちゃんの時点で殺しといてくれよ」と言う人のツイートを見ましたが、日本は女性医師が絶対に許されない世界ではないし、開業医の女性医師も普通にいますよね。…

TwitterTomOne@PARALLEL ACT@tomone_pact

返信 リツイート 1:22

RT 恐らく、その家庭環境で灘に行っても周囲と価値観が異なり過ぎて逆に学校生活が楽しめなくなる気が…。"車輪の下"じゃないけど…。周囲は開業医や会社経営者的な家庭が多数派のはず。それだけポテンシャルが高い少年なら、地元の公立一番手に進学して上位成績をキープして難関大に行く方が

歯科医院で使われるカメラ

歯科医院で使われるカメラ 歯科医院で治療に行くと、レントゲンを撮影して歯の内部や骨など直接見ることのできない部位を確認したことがある人は多いでしょう。
最近はCTを撮影する機械も普及し、より三次元的に状態を把握できるようになりました。
そして、カメラで口や顔の写真を撮影することもあります。
口の中をカメラで撮影した写真は、口腔内写真と呼ばれ、治療の前の状態と治療後の状態を比較するのに役立ちます。
虫歯や歯周病を放置していると、お口の状態はどんどん悪化してしまいます。
治療開始前の状態を撮影しておくことで、経過が患者さんにも分かるようになります。
矯正歯科では、歯並びだけでなく、横顔なども事前に撮影しています。
これは、歯の出方や顔の形が治療によって変わるためです。ホワイトニングする前に撮影しておくと、どのくらい歯が白くなったかが客観的に分かるなど、さまざまなメリットがあります。
歯科医院でカメラを使うことに意外性を感じる患者さんもいますが、治療に役立っています。

歯科で開業医になるには

大学の歯学部で学び、大学病院や歯科医院である程度経験を積むと独立開業を考え始めるドクターも多いです。
開業を決める前に考えておくべきこととしては、まず開業する場所をどこにするかです。地域や駅によって客層や治療目的も大きく異なり、歯科医院同士の競争率も変わってくるのでとても重要です。
さらに賃貸物件を契約してテナント開業をするのか、自宅と一体化したような戸建てで開業をするのか、さらに診療室の規模はどのくらいにしてユニットを何台設置するのかなどもある程度明確にしておく必要があります。
他にも物件費用や内装のリフォーム費用、医療機器と医療材料の仕入れやHPや看板などの広告費といった設備投資の面での費用と、人件費と水道光熱費といった固定費はいくらかかるのかなども把握しておかなければなりません。
保険診療の収入は診療月の2か月後まで入らないので当面治療費を収入源とすることもできないため、しっかりと資金を用意しておくことが開業医として軌道に乗るためのポイントといえます。
現在はコンビニと同じもしくはそれ以上に歯医者が増えてきているといった背景もあり、数年で廃業する可能性も決して低くはありません。
同業者との競争に勝ち、多くの患者さんを確保するためには、開業医の人柄や技術はもちろん広告やアピールの仕方を他院と差別化することも良い方法であるといえます。